お客様アンケートを効果的に活用する

ほとんどの業者が依頼者の自社サービスに対する満足度を測るためにアンケートを取っているものです。きちんと会社の管理ができており、またお客様との繋がりを考えているのであるならば、すぐに見せてくれるものだと考えられます。また、こうした地道な努力によって、実際の屋根修理や工事を経験されたお客様の生の声を聞くことで、次のサービス作りに活きることでしょう。 屋根工事の代表的な具体例として、雨漏りを挙げてみます。雨漏りの修理工事は簡単な作業で終わることがありますが、時として大規模な工事にまで発展してしまうことがあります。大きな重機が必要となる場合でしたら、ご近所への騒音問題を抱えてしまいます。あるいは屋根の廻りに水を撒いて水漏れの確認などを行う散水試験となると、込み入った住宅地では、なかなか作業がやりづらいといったこともあります。大きな工事となると、それに必要な多くの足場や資材を積んだトラックが何度も出入りすることになるかもしれません。仮に、無神経な車の停め方をしてしまうようですと、他の車や近隣のお宅にも迷惑がかかってしまいます。こういった幾つかの状況は、お客様にとっては、大変ストレスを感じてしまうことでしょう。作業中だけでなく、不可抗力であれ、迷惑をかけてしまった申し訳なさから、それからしばらく肩身が狭い生活を送ることになるかもしれません。 こういったことにならないためにも、信頼できる業者に依頼しておきたいものです。「仕事だから仕方ないことだ」と開き直っているような業者であると、自分だけでなく、周りをも苦しめてしまいます。周囲への気遣いが行き届き、感謝と労いがある業者は、やはり仕事の動きっぷりも違ってくるものです。なので、工事以外の細かな部分まで確かめる必要があり、そのためにアンケートを見せてもらうことは良い判断材料となります。

屋根工事の簡単ながれ

屋根工事の簡単ながれをご紹介します。 まず、屋根工事の専門業者のプロの目と知識で建物の現状を調査・採寸し、全てを写真や動画で記録します。次に、建物のひび割れ(クラック)、汚れ、カビの付着など、劣化状況や不具合の有無を確認します。お客様の心配をヒアリングし雨漏りなど屋根裏があればチェックします。リフォームや修理箇所の要望も聞きます。ご自宅の立面図や平面図があればご提供いただき、灰場合は実測を行って図面を作ります。点検後、詳しく何をやるのか説明して工事に入ります。