ケーススタディ

ある屋根葺き替え工事の場合 とことん調べて、地元の会社である安心感と会社の姿勢に充分に納得された上で屋根工事の依頼をしました。直接施工のため、高品質で低価格の工事ができることも決め手のひとつだったそうです。 うちは大手ハウスメーカーで建てたのですが、定期点検の時に「そろそろ屋根がダメですよ」と言われたので、見積りをしてもらったら、びっくりするくらい高かったんです。これは他を当たろうということで、クイック見積で相見積書をとりました。まずは地元の会社だというところが気に入りました。だって、地元同士だと気心も知れて安心だし、まさかご近所に対して手抜き工事もしないと思うのね。それに後々、何かあってもすぐに飛んできてくれそうでしょ。 こちらが知りたいことにきちんとした答えが返ってきて、プロの仕事さえしてくれれば、相手が大きい会社であろうがなかろうが、また若かろうが年を取っていようが大丈夫です。葺き替えが終った時に、屋根に上ってテレビのアンテナを立てました。

反射鏡アンテナ

反射望遠鏡を送信アンテナとして利用する場合、最初に電波を放射するアンテナとして、導波管開口が焦点にあります。このように鏡面を利用するアンテナを反射鏡アンテナといい、このときの導波管開口アンテナを一次放射器といいます。 一次放射器から出た電波の一部は、反射鏡に当たらないで左方向に放射されています。これは右方向と通信するにはムダになる電波です。これをスピルオーバ といい、これを少なくするのが反射鏡アンテナでは重要です。ビーム帽を小さくしすぎると鏡面の一部だけを利用す ることになります。反射鏡の鏡面をなるべく広く利用し、かつスピルオ ーバを減らすのが重要です。

VHFアンテナ

VHFとは、別名“超短波(ちょうたんぱ、VHF=Very High Frequency)”と呼ばれる電波で30MHzから300MHzまでがこれに当たります。「超」が付くのは、20世紀初頭までは短波が最も波長が短い電波であるとされていたためです。 ちなみにラジオのFM放送も、76MHzから90MHzの電波を使っていますので、VHFの一部です。テレビ放送の場合、90MHzから222MHzまでを使用しています。テレビ放送では90MHzから222MHzの帯域に90~96MHzを1チャンネル、96~102MHzを2チャンネルといったように帯域ごとに番号が付けられており、1チャンネルから12チャンネルまでの番号があります。VHF帯の放送電波を受信するためには、VHF専用の受信アンテナを使用する必要があります。 なお、、FM放送の下限76MHzよりも低い周波数をローVHF (Low VHF) と言います。主に軍用の移動通信に使用されている。 日本では主に防衛無線、自衛隊無線に使用されています。車載用途や携帯用途には使いづらい特徴があります。 これは、V-low帯と呼ばれる90 – 108MHzとは異なるものです。

放射効率の測定法

放射効率の式によれば、入力電力は測定可能なので、放射電力がわかればηは容易に求められます。 けれども実のところ、空間へ放射されている総ての電力をかき集めて測定するのは困難です。 そんな訳で考案されたのがホイラーキャップによるWheeler法です。 例を挙げると、ホイラーキャップの場合、高さ315mm、外径440mm、内径300mmの空胴球体で、この中に入る小型アンテナであれば、320MHz~3GHzの範囲で放射効率を測定できます。 Wheeler法は、アンテナの入力インピーダンスを測定して近似的に放射効率を求めるメソッドで、金属の箱に収めた事例の入力インピーダンスの実部をRlOS1とします。 これは、密閉する事でアンテナからの放射がないと見なしているからです。 箱を取って測定した入力効率の抵抗分は、Rrad+Rtostとなります。 放射効率ηは、ホイラーキャップで測ったケースの反射係数Twと、自由空間で、測った事例の反射係数Fを測定して、つぎの式で求めます。 このテクニックは、密閉した金属箱内で電磁波を放射するので、箱の内面が共振する周波数では使えません。 箱がちゃんと密閉されていない場合も、すき聞から電磁波が漏れるので、Rl0S1の値が不的確になります。 放射パフォーマンスが80%以上になるとRrad+Rtostの値がRrodに近くなるので、測定の誤差が大きくなるので、注意が必要です。

お客様アンケートを効果的に活用する

ほとんどの業者が依頼者の自社サービスに対する満足度を測るためにアンケートを取っているものです。きちんと会社の管理ができており、またお客様との繋がりを考えているのであるならば、すぐに見せてくれるものだと考えられます。また、こうした地道な努力によって、実際の屋根修理や工事を経験されたお客様の生の声を聞くことで、次のサービス作りに活きることでしょう。 屋根工事の代表的な具体例として、雨漏りを挙げてみます。雨漏りの修理工事は簡単な作業で終わることがありますが、時として大規模な工事にまで発展してしまうことがあります。大きな重機が必要となる場合でしたら、ご近所への騒音問題を抱えてしまいます。あるいは屋根の廻りに水を撒いて水漏れの確認などを行う散水試験となると、込み入った住宅地では、なかなか作業がやりづらいといったこともあります。大きな工事となると、それに必要な多くの足場や資材を積んだトラックが何度も出入りすることになるかもしれません。仮に、無神経な車の停め方をしてしまうようですと、他の車や近隣のお宅にも迷惑がかかってしまいます。こういった幾つかの状況は、お客様にとっては、大変ストレスを感じてしまうことでしょう。作業中だけでなく、不可抗力であれ、迷惑をかけてしまった申し訳なさから、それからしばらく肩身が狭い生活を送ることになるかもしれません。 こういったことにならないためにも、信頼できる業者に依頼しておきたいものです。「仕事だから仕方ないことだ」と開き直っているような業者であると、自分だけでなく、周りをも苦しめてしまいます。周囲への気遣いが行き届き、感謝と労いがある業者は、やはり仕事の動きっぷりも違ってくるものです。なので、工事以外の細かな部分まで確かめる必要があり、そのためにアンケートを見せてもらうことは良い判断材料となります。

屋根工事の簡単ながれ

屋根工事の簡単ながれをご紹介します。 まず、屋根工事の専門業者のプロの目と知識で建物の現状を調査・採寸し、全てを写真や動画で記録します。次に、建物のひび割れ(クラック)、汚れ、カビの付着など、劣化状況や不具合の有無を確認します。お客様の心配をヒアリングし雨漏りなど屋根裏があればチェックします。リフォームや修理箇所の要望も聞きます。ご自宅の立面図や平面図があればご提供いただき、灰場合は実測を行って図面を作ります。点検後、詳しく何をやるのか説明して工事に入ります。