VHFアンテナ

VHFとは、別名超短波(ちょうたんぱ、VHF=Very High Frequencyと呼ばれる電波で30MHzから300MHzまでがこれに当たります。」が付くのは、20世紀初頭までは短波が最も波長が短い電波であるとされていたためです。

ちなみにラジオのFM放送も、76MHzから90MHzの電波を使っていますので、VHFの一部です。テレビ放送の場合、90MHzから222MHzまでを使用しています。テレビ放送では90MHzから222MHzの帯域に9096MHzを1チャンネル、96102MHz2チャンネルといったように帯域ごとに番号が付けられており、1チャンネルから12チャンネルまでの番号があります。VHF帯の放送電波を受信するためには、VHF専用の受信アンテナを使用する必要があります。

なお、、FM放送の下限76MHzよりも低い周波数をローVHF (Low VHF) と言います。主に軍用の移動通信に使用されている。 日本では主に防衛無線、自衛隊無線に使用されています。車載用途や携帯用途には使いづらい特徴があります。 これは、V-low帯と呼ばれる90 – 108MHzとは異なるものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *