屋根工事の種類③(屋根塗装工事)

屋根塗装工事とは:屋根の定期的なメンテナンスとして屋根に塗料を塗るのが屋根塗装工事です。

使用される塗料は用途によって使い分けることが出来ます。特によく使われるのはシリコン塗料です。シリコン塗料の耐久年数は10-15年程度。コスパも良くバランスの取れた塗料なのでシリコン塗料は主流になっています。紫外線・汚れ・カビなどにも強く、使い勝手のいいです。フッ素塗料は価格が高く品質も高い塗料です。以前は商業施設・ビルなどにしか使われていなかった塗料ですが、最近では一般の住宅にも使用されるようになってきたそうです。耐久年数も15-20年と他のものと比べても長くなっています。アクリル塗料は安いかわりに耐久年数は5-7年と短めです。他の塗料と比較してもメリットが少ない塗料なので今はあまり使われていません。ウレタン塗料はシリコン塗料の人気が高まる以前によく使用されていた塗料ですが、耐久年数は6-8年と短めです。光触媒塗料は太陽光をあてて汚れを落とすことが出来る、今注目されている塗料です。耐久年数は15-20年です。断熱塗料は塗料に含まれたビーズが熱を抑えてくれて年中部屋を快適な温度に保ってくれるものです。耐久年数も15-20年と長めです。遮断塗料は熱を跳ね返す効果があるので、夏の暑さから室内も守ってくれます。

屋根塗装工事の費用と期間:

屋根塗装工事の相場は30-40万円です。使用する塗料によっても価格は変動します。屋根と外壁の塗装を行うと6日程度で工事は終了します。