屋根工事の種類①(屋根葺き替え工事)

屋根や外壁に関する悩みがあれば屋根工事を検討してみてはいかがでしょうか。屋根の汚れ、傷や天井からの雨漏りなど様々なトラブルに屋根工事は対応することが出来ます。また定期的に屋根をメンテナンスすることで家を綺麗な状態に保つことが出来るのです。屋根工事にはいくつかの種類があります。

屋根葺き替え工事とは:

屋根全体を丸ごと新しいものに取り換える工事です。屋根の総取り換え工事なので屋根の一部取り換えや塗装、補修工事と比べても費用は高くつきます。しかし、がたが出て来る箇所ごとにリフォームや補修を行って出費を積み重ねるよりも、全体を新しいものに変える方が結果的には出費を抑えられる可能性もあります。屋根葺き替え工事は劣化が激しい場合や築年数が長い場合以外にも、軽い屋根に変更することで耐震性を高めることが出来ますし、雨漏りを防ぎ室内の劣化も防ぎます。

屋根葺き替え工事の流れ:

まずは瓦の取り外しから始めます。瓦がはがされたところに敷き詰められている接着剤の役割の葺き土というものを撤去していきます。屋根の下地の補強を行っから板を張り付けていきます。その上に雨漏り防止の防水シートをかぶせ、屋根材を設置し棟板金を取り付けて工事の完了です。

屋根葺き替え工事の費用と期間:

葺き替え工事の相場は70万-150万程度だと言われています。既存の屋根の処分費、下地補修費、屋根材費、設置費などが含まれています。ただし既存の屋根にアスベストが含まれている場合はその処理に別途費用がかかってしまいます。使用する屋根材や業者によっても異なりますが屋根葺き替え工事には大体1週間ほどかかります。